S__9994296.jpg
2020年も被災地で様々な活動をしました。
​2021年もさらに発展して活動していきます。

ごあいさつ

 手にぎり隊は東日本大震災後、様々な被災地の仮設住宅などで復興のお手伝いをしてきました。

 ある被災地に行った際「私達は大きな悲しみを味わった、でも大きな優しさに出会った」とおっしゃった方がいました。私たちもまた皆様から元気をもらっています。

 これまでに各被災地での活動を通じて、出会った方々とのご縁を大切に、復興の原動力となる地域コミュニティサポートをしていきたいと思います。

被災地に一輪でも多くの笑顔の花が咲きますように

​手にぎり隊とは?

​「手と手をにぎり合って、心と心を繋いでいきたい」という願いから

『手にぎり隊』という名前にしました!!

 東日本大震災で被災にあった地域だけでなく、熊本地震や広島土砂災害、台風で被災にあった地域で、支援物資の寄付、心の復興、コミュニティの再生等、様々な活動を行っています。

 また音楽を通して子供たちの健全な育成にも取り組んでいる団体です。

 

132183.jpg

Withコロナにおける活動

 手にぎり隊ではリモートで打合せを始めました。これから先オンラインでの相談会が行えるよう進めております。

 また定期的に多賀城市公営住宅の踊り場やエレベーター等の消毒作業をしています。

 株式会社ニシテ商会代表西手隼人さん企画「thank you マスクプロジェクト」に協力させていただき、
  順天堂大学病院 浦安医院に不織布マスク5800枚、
  高齢者施設ケアプラザ富谷に不織布マスク1441枚、
​  宮城県多賀城市桜木災害公営住宅に不織布マスク1032枚、アベノマスク178枚、配布の仲介をさせていただきました。
日本財団マーク.png